一人ひとりの夢をかなえる
安定した実績こそ高い支持の秘密。
合格おめでとう!

2020年度中学入試合格実績

  • 2
  • 甲陽学院3
  • 神戸女学院1
  • 洛南高等学校附属1
  • 東大寺学園1
  • 西大和学園3
  • 六甲学院2
  • 白陵18
  • 須磨学園10
  • 淳心学院26
  • 他多数合格!
オンライン入試報告会 オンライン入試報告会

創学アカデミー3つのポイント

  • 生徒の志望校を重視した
    科目別クラス編成

    創学アカデミーでは「科目別クラス編成」を実現。志望校と習熟度に差がある場合でも、科目ごとに最適な指導を受けることができます。 ※一部対象外の講座があります。

  • 教科を超えた指導連携
    チーム指導体制

    各科目担当の講師が密に連携をとり生徒の成績などの情報を共有し、弱点となっている科目を把握。生徒一人ひとりにあった学習指導を行います。

  • お子さまに一番近い授業担当者が行う
    個性重視の進路指導

    受験を成功に導くカギは、お子さまにとって「本当に行きたい学校」をしっかり考えてあげることです。創学アカデミーでは、担任講師が生徒面談・保護者面談・三者面談の中で、お子さまの個性や将来の夢、受験への想いを引き出しながら、志望校の選択をお手伝いいたします。一人ひとりに密着の1:1サポートを何よりも大切に考えます。

創造学園が最も大切にしたのは 子どもたちの健康確保と学習の継続です

創造学園では、子どもたちの健康・安全の確保はもちろん、継続した学習習慣の確保も子どもたちにとって重要と考え、独自開発のご家庭で授業に参加できる「双方向オンライン」による授業を実施しています!
2学期以降も、通塾による指導と双方向オンラインによる指導を並立して行うこととなっており、いずれにしても子どもたちの健康を確保しながら、指導は継続できると考えております。どうぞ、ご安心して創造学園にお任せください。

オンラインによる
双方向授業とは
従来の一方通行型の映像授業とは異なり、生徒と講師間でリアルタイムに発問・応答が可能なライブ授業さながらの新授業スタイルです。
  • ※パソコンやタブレット、スマートフォンで視聴可能です

各校の時間割

各教室・学年の時間割は
こちらでチェックできます。

2020年度 合格実績

創学アカデミー生が
今年も難関中学に続々と合格!

  • 2
  • 甲陽学院
    3
  • 洛南高等学校附属
    1
  • 神戸女学院
    1
  • 東大寺学園
    1
  • 西大和学園
    3
  • 六甲学院
    2
  • 白陵
    18
  • 須磨学園
    10
  • 神戸海星女子学院
    8
  • 淳心学院
    26
  • 関西学院
    4
  • 啓明学院
    15
  • 甲南女子
    21(Sアドバンスト8名)
  • 親和
    31(S 17名)
  • 滝川第二
    20(プログレッシブ12名)
  • 滝川
    37(医進G2名 医進11名)
  • 甲南
    17(フロントランナー6名)
  • 雲雀丘学園
    14
  • 武庫川女子大学附属
    3
  • 東洋大学附属姫路
    10
  • 神戸龍谷
    9
  • 神戸国際
    8
  • 賢明女子学院
    16
  • 松蔭
    7
  • 夙川
    10
  • 神戸学院大学附属
    4
  • 仁川学院
    4

国立

  • 神戸大学附属中等教育学校
    5(連絡進学4名含む)

大阪

  • 清風
    2
  • 高槻
    1
  • 大阪桐蔭
    4
  • 初芝立命館
    1
  • 関西創価
    1
  • 関西学院千里国際
    1
  • 早稲田摂陵
    1

京都

  • 同志社女子
    1
  • 立命館
    1

その他

  • 愛光
    6
  • 岡山白陵
    51
  • 函館ラ・サール
    6
  • 岡山
    26
  • 香川誠陵
    33

※創学アカデミー全体の実績です。講習生・模試生は含まれておりません。

先輩からのメッセージ

創学アカデミーでならがんばれる。
力がつく。難関中、難関大合格者からのメッセージ

  • 新小学生からの勉強が、
    後々の人生観に大きく影響した

    白陵中・高卒 → 東京大学理科I類

    Sくん

    創学アカデミーが大手の塾と違うのは、塾のトップが狙いやすいということです。1000人中100位と100人中10位では後者のほうが圧倒的にやる気になります。一番をとるということが不可能ではなさそうに思えるからです。少なくとも僕はそうでした。
    一番をとるということはそれだけですごい誇らしいことですし、自分の自信にもなります。新小学生が自分が一番になれることに全力を尽くさないはずはありません。僕は負けず嫌いだったし、自分より成績がいい人が目に見えてわかる。しかも同じ教室にいたりするのでそれだけで勉強する大きなモチベーションになりました。

  • 何より得難い友人・先生との出会い

    啓明学院中・高卒 → 関西学院大学卒

    Rさん

    塾通いをしていたころのことで、まず思い出すのはクラスの友人たちです。行き帰りのバスの中や塾の短い休み時間に友達とじゃれることが、ストレスを溜めすぎずに受験勉強を続けるのにどうしても必要だったと今になって思います。また、人間関係が出来上がっているからこそ、テストの点数や問題を解く速さを競い合うことも楽しめる、良きライバルになることができていました。最近個人指導の塾が増えているように感じますが、私には集団授業で勉強することが合っていたように感じます。これから受験に臨まれる皆さんにも、勉強ばかりの毎日だからこそあまり心を荒ませないように、ちょっとした友達とのふれあいの中にある楽しいことを大事にしてほしいなと思います。
    それからやはり先生方のこともお話しておきたいと思います。中学生になるということも、中学受験がどういうものなのかも、当時の私にはよく分かってはいませんでしたが、それでも「とにかく先生の走れと言う速さで走っていれば絶対にゴールに間に合う」ということだけは確信していました。怒れば怖い創学アカデミーの先生方ですが、時に発破をかけ時に励ましながら本当に愛情深く寄り添ってくださいました。

  • 授業の雰囲気が非常に楽しく、
    環境も良かった

    六甲中・高卒 → 東京大学理科I類

    Aくん

    僕が創学アカデミーに通い始めたのは小学5年の春でした。きっかけは友人に誘われて創造学園の夏期講習を受けたことです。そこでの授業の雰囲気が非常に楽しいものだったのでこのまま通いたいと思ったわけです。なぜいきなり中学受験のコースにしようと思ったのか自分でも未だに謎なのですが、私学対策の授業では学校の違う友達もできる上に、先生方が話し上手で分かりやすく教えてくださったので授業も面白いものでした。そのため僕は塾に勉強しにいくというより遊びにいくという感覚だったのですが、何とも不思議なことに成績はすぐに上がっていきました。今となってはお気楽で面倒くさがりの僕にとっては勉強する環境としてはちょうどよかったのではないかと思います。6年になると授業も増えて受験をするという雰囲気になりましたが、最後まであまり辛いとかやめたいとか思うことなく受験を乗り切ることができました。

  • 創学アカデミーで得た宝

    白陵中・高卒 → 東京大学文科III科

    Nくん

    創学アカデミーで身につけた最も大切なもの。それは「自分への信頼」です。
    「自分への自信」というと先生方や友人のおかげで中学入試を突破できたということを無視した表現になりかねないと思ったので、信頼という表現を使いました。僕たち創学アカデミー生はお互い本当に仲がよかったので、あいつが頑張るから俺も頑張るという感じで勉強しました。大学受験の時は中学受験とは比べられないほど何度もくじけそうになりましたが、「小6の自分はもっと勉強していたぞ」と、心の中で言い聞かせ自分を奮い立たせました。小6の自分に負けてたまるかと思って立ち直ることができました。大学受験を乗り越えられたのは自分への信頼があったからです。あの時に一生懸命やったことはこれからも僕を励まし続けてくれるでしょう。